HOME >  もっと知りたい!EGF集中講座 >  注目の高い効果とは

注目の高い効果とは

そもそも、年を経るごとに、お肌の元気がなくなり、ハリが失われたり小じわが増えてしまうのは、どうしてなのでしょうか?実はこのこととEGFには深いつながりがあります。

年齢とともに分泌が減少して…

EGFはもともと体内で作られ、分泌されている成分です。「皮膚細胞の生まれ変わりを促進する」という働きがあり、肌のターンオーバー(新陳代謝)を行っているものなのです。

しかし、加齢とともにEGFの分泌が減少してしまいます。EGFが減少すると、肌の代謝が落ちるわけですから、新しい肌に生まれ変わることができません。新しい皮膚細胞が生まれにくくなるため、今ある肌の老化がすすみ、ハリの低下や小じわにつながっていってしまうのです。

赤ちゃんの肌が常にみずみずしく、小さな傷もすぐに治ってしまうのに対し、年齢を重ねると、キズ跡が治りにくくなってしまうのと同じことです。

それでは、EGFが減少してしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

解決法は、「EGFを肌に塗る」でOK

EGFの分泌が低下してしまったら、その分のEGF成分を体内に取り込めば良いのです。具体的には、EGFを肌に塗ることで、減少してしまった分を補給することができます。

実際、EGFを肌に塗り、それによる代謝能力の増減を調査した研究があります。

それによると、平均で284%も新しい細胞が成長しやすくなったとのこと!最大、872%もアップしたケースもあるそうです。

直接塗ることで、肌の再生能力を回復させてしまうEGF。若々しいお肌を維持するのに、絶大な効果がある成分と言えると思います。

さらに、効果倍増が期待できる成分って?!

実は、年齢に伴って分泌が減少するのは、EGFだけではありません。

EGFは「肌のターンオーバー(新陳代謝)」を司っている成分ですが、赤ちゃん肌を維持するためにはその他にも、「肌の中に水分を維持する」ヒアルロン酸や「肌のハリを維持する」コラーゲンなど、いくつかの成分の働きの合わせ技が必要になってきます。

そして、これらの成分も、20代をピークに40代では半分近くまで減少してしまうと言われています。

つまり、EGFで肌のターンオーバー力を復活させつつ、ヒアルロン酸やコラーゲンも同時に補給することで、アンチエイジング力が2倍・3倍にも跳ね上がり、より高い効果を期待できるということです。EGF配合の化粧品選びをする際は、コラーゲンやヒアルロン酸にも注目してみるのがオススメです。