HOME >  もっと知りたい!EGF集中講座 >  EGFってなにからできているの?

EGFってなにからできているの?

ここでは、EGFの原料についての基礎知識を紹介します。

EGFの原料は美肌をつくるのに欠かせないアミノ酸

EGF(上皮細胞増殖因子)は、体内で形成されるタンパク質の一種で、ノーベル生理学医学賞を受賞した成分です。

当時は1gあたり8000万円もする高価な成分でしたが、うれしいことに最近は一般化粧品にもよく使用されるようになってきました。年齢とともに減少してたるみやしわの原因になるため、アンチエイジング用品に積極的に取り入れられているようです。

EGFの原料は53個のアミノ酸です。アミノ酸がアミド結合を行うことによって、タンパク質であるEGFを形成します。

年を重ねることによって減少するEGFを補うためには、アミノ酸の摂取と意識的なEGFの補給が鍵になるというわけなのです。

美肌をつくる成分 アミノ酸の魅力

アミノ酸は、からだに欠かせないタンパク質を形成するのに必要な成分です。同じように、肌そのものを丈夫で美しいものにするためにもアミノ酸が重要なはたらきをします。

アミノ酸は、肌の潤いをキープする重要なはたらきを担っています。特に外出が多い人や肌が乾燥しがちな人は、アミノ酸を摂取して保湿力を高める必要があると考えられるでしょう。美肌の要素であるコラーゲンよりも小さな分子であるため、肌への浸透力にも優れています。

アミノ酸を積極的にとることで肌の潤いが保たれ、くすみやたるみといった肌のトラブルを解決に導く糸口となります。美肌へ近づける上に、髪や爪といったほかのパーツにもよい影響が出るので、まさに一石二鳥の効果を発揮する魅力的な美容成分だといえるでしょう。